通気断熱工法エアー【熊本の住宅メーカー株式会社ヤマックス】

。熊本の住宅メーカーヤマックスが提案するさらりの家エアー AIR styleは、電気を使わず2層の壁面通気層で空気の流れをコントロール。ホルムアルデヒド等の有害物質や湿気を除去する画期的工法です。


さらりの家

YAMAX

メニュー

熊本で注文住宅、新築、増改築、リフォームをお考えの方は何でもご相談ください。ご家族の理想の住まいづくりをサポートします。炭の家カーボ、通気断熱工法エアーで健康・安心・信頼の家づくりをお約束します。

分譲地情報

熊本須屋駅東4区画分譲地 販売中

KAB住まいるパーク浜線

炭の家

YAMAX

エアー呼吸する家 電気を使わず空気を循環
快適な室内環境を実現するには、室温や湿気を上手にコントロールすることが大切です。
必要な断熱性能を保ちながら、通気などによって余分な湿気を家の外に排出することが重要。
「断熱」と「通気」この一見相反することを両立させたのがヤマックスの「さらりの家エアー-Air-」です。
壁面に通気層を2層設け、夏・冬でそれぞれの通気層内の空気の流れをコントロールすることで、
電気を使わず健康で快適な室内空間を作り出します。
 
エアーの家の特徴

壁の中の2つの通気層が室温をコントロール

壁の中を空気が流れる、呼吸する家「エアー-Air-」
通気口から入った空気は、床下のひんやりした空気と混ざって壁の中を上昇していきます。この自然な空気の流れが焼け込みの熱を緩和し、無駄な湿気を一掃する仕組みです。壁の中を空気が流れることで、室内は熱気の影響を受けにくい快適な空間になります。


 


AIRの仕組み
 
エアー夏
 
エアー冬
 
 
 
 
透湿材が部屋の湿気や有害物質、ニオイを逃がす

土壁の原理を応用した透湿材を使用。湿気も有害物質もニオイも溜め込みません。
透湿性の高い壁材を採用しているので、室内の有害な化学物質やニオイは、湿気と一緒に透湿性の壁を透過して屋外へ排出されます。機械による強制換気がなくとも、室内のホルムアルデヒド濃度を低く抑えることができます。余分な湿気も抑えるので結露の心配もなく、室内は常にクリーンに保たれます。

透湿性壁の断面
実は家具からん¥も有害物質が放出されています
内装や造り付け家具は建築基準法に基づく規制がありますが、家具についての規制はありません。
せっかく家のシックハウスの対策を行っても、部屋で使用する家具、システムキッチンやカーテンなどに有害物質が含まれていたらもともこもありません。
家具やシステムキッチンに使われている接着剤や塗料、カーテンの防炎加工や防菌加工に使われている薬剤にも注意が必要です。 東京都が発表した家具からのホルムアルデヒドの検出実験では、約2割の家具から基準値を超えるホルムアルデヒドが検出されました。
(http://www.metro.tokyo.jp/INET/CHOUSA/2011/04/60l4c100.htm)
家具からのホルムアルデヒドの検出実験
 
感知形状記憶合金で通気口を自動開閉

電力に頼らない、さらりの家エアー-Air-の仕組み
さらりの家エアー-Air-では、夏は自然におこる情報気流を利用して建物内の無駄な熱を排出し、冬は暖房した空気を逃がさないよう開口部を閉じることで冷暖房に使う電力を出来るだけ減らすことができます。また、夏と冬の切り替えを行う際に必要となる換気口の開閉も電力を使用しないよう、形状記憶式自動開閉装置(熱感知式形状記憶合金)を採用しました。自然の温度を感知して自動的に開閉できる仕組みは、これからの節電対策として重要な仕組みです。
※感知形状記憶合金とは…チタンとニッケルの合金で、耐久性に優れており錆びないため、地域を問わず安心して利用できます。

電力に頼らない、さらりの家エアー-Air-の仕組み
 
高性能ミラーフォームでしっかり断熱

AIR02水分をほとんど含まず、熱伝導率も極めて小さい断熱材「高性能ミラフォーム」
完全密閉のそれぞれに独立気泡が無数に集まった高性能ミラフォーム。熱伝導率はコンクリートのわずか50分の1。吸水率は100平方cmで0.01kg以下で、水の中に浸漬しても表面に水分が付着するだけでほとんど浸透しません。吸水率が高い無機繊維系の断熱材に比べると、断熱性能の低下が極めて小さいのが特徴です。水分の吸水・水蒸気の透過を防ぐことにより性能低下による結露の発生を防止します。ダニやカビの発生もなく建築物の耐久性も向上させる断熱材です。
地球温暖化防止に有効なノンフロン対応製品で、リサイクル性にも優れているので地球環境に優しい断熱材です。ノンホルムアルデヒド(F☆☆☆☆)対応製品。

 
 お気軽にご相談下さい      
 
フリーダイヤル電話FAX問合せ